f:id:dotlog:20101201001426j:image:right

  • 監督:吴宇森(ジョン・ウー)
  • 出演:郑雨盛、杨紫琼、王学圻、余文乐、徐熙媛

なんか二晩続けて、嫁さんの映画につきあうことになりました。まあ、機嫌良くなってくれればOKです。

さて映画ですが、「武侠もの」というんですかね。やたら戦います。内容的には……なんかちょっと……

とりあえずまず、字幕が中国語・英語併記のためちっちゃくて見づらいんですね。あとしゃべってる内容が小難しいので半分ぐらいしか聞き取れてない感じです。そう言うのも要因としてあるかもしれませんが、決して私のヒアリング能力不足のためにつまんなかったわけじゃないです。

ストーリーとして理解できたのは、悪役チームがなんかのミイラみたいなやつを押し込み強盗的に奪おうとしてチャンチャンバラバラになり、いざ持って帰る段になったら悪役チームの一人(杨紫琼)がミイラの上半身だけ持って逃げてしまい、そのあと顔を整形して過去を隠して暮らし始めて、ある男(郑雨盛)と出会って結婚して……という感じです。

中盤までは、結構ミステリアスな雰囲気を醸し出しながら、期待を持たせて進んでいきます。


  • 杨紫琼は”るわんるわん”する剣の使い手で強いんですが過去を隠しています。それがばれそうになるような下りで笑わせたりします。
  • 郑雨盛は人の良さそうな兄ちゃんで当然嫁さんがそんな強い人だと知ら……ないことになってます。もちろん配役的にはただの人のよい兄ちゃんってわけはないこいつは何者だ、なんて変な勘ぐり入れさせてくれます。
  • 徐熙媛はかわいいです、マジで。でもなぜか結婚したてで旦那とか殺しちゃって死刑になるところを、悪役チームのボスに拾われて剣をたたき込まれます。途中で服脱いじゃってボスを誘惑しちゃったりしてうらやましいなおい、机が邪魔で肝心なところが見えないよ、でもボスは野望が達成できてないからか手を出さないわけですよ、もったいないなおい、なんて言うところもあったりします。
  • で、ついに杨紫琼が悪役チームに見つかって、「ミイラの上半身もってこないと、(何も知らないことになっている)旦那をやっちゃうぞ」的な取り引きになったり……

という良くあるパターンです。

で、まあなんだかんだでボスはミイラの上半身と下半身を手に入れるわけですが、私のヒアリングでは「ミイラが何者で、どういう効果のアイテムかわからない」という状態でして、何となくパターン的に人知を越えたパワーが手に入る、「フハハハハハ!この世界は私のものだー」的なすごい代物だと脳内補完するじゃないですか?普通そうじゃないですか?

ところがどっこい、このボス、霊験あらたかなアイテムから何を得ようとしたと思います?なんかもうブログネタとして狙ってるんじゃないかって感じの展開ですよ?

ところで、そのボスの企みが発覚するシーンなんですが、ここでも徐熙媛登場なわけですよ。めっちゃかわいいんですよ。徐熙媛はボスが好きなんですよね。またボスを誘惑しちゃうわけです、今度はなんか流れ的にボスが押され負けておぉ~って感じになるんですよ。嫁が横にいるので冷静さを保ってますけど、もう内心わくわくしちゃうわけです。徐熙媛がアグレッシブに行こうとするんですが、はっと気がつくわけですよ。

ち○こがない……

はいそうです、ボスは宦官のようです。でも宦官であることを隠していたようです。でもなんか女が好きなようで、どうにかしたかったようなのです……

はい、ボスは、世界征服できんじゃねぇの!?というオーラ満載のミイラを使って、切っちゃった「ち○こ」を取り戻したいとおっしゃってます、おっしゃってます、おっしゃってます……

えーっと……何の話でしたかね?

あ、そうそう、徐熙媛ですね。ボスにち○こがないということで、百年の恋も冷めてしまい、金とってバイバイってなるわけですが、ここで「なんで結婚したての旦那を殺っちゃたか?」がわかりますよ。

「勃たなかったから」

もうね、かわいいのにそんなこと言ったらいけませんよ。言わせたジョン・ウーはなんだね、恥ずかしいことを言わせて興奮するプレイでもしてるのかね?役得ですね、うん。

はい、あとはなんかもう、杨紫琼とボスのラストバトルに向けてとってつけたような流れになって、最後は杨紫琼と郑雨盛が仲良く去っていって終わりと。あ、ちなみに郑雨盛は、最初ミイラが強奪されたときに、悪者グループにやられちゃった方の息子さんです。最初に心臓ひとつきで死んだっぽかったんですが、実は「心臓が右にあったんだよーん」ということで復活し、彼もまた顔を変えて、父の敵である杨紫琼とわかってて結婚したんですね。まあ、その辺どうでもいいんですけど。

もう、ち○こ出た(ぽろり的な意味ではなく)時点で他の設定とかストーリーとか正直どうでもいい。っていうか、ち○こ出たあとの流れは正直めっちゃ適当。終わった瞬間、嫁としばらく顔見合わせました、漫画みたいでした。

この映画、監督ジョン・ウーでしょ?赤壁作ったのこの人ですよね?それがもう、ち○こ出てきてはいはいワロスワロスみたいな流れってどうなのよ。ラストバトル前にボスがストーカーよろしくねちねち徐熙媛を埋めちゃったりして、あとどうなったのか良くわからんのですよ、けしからん、埋めるぐらいなら僕にください。

あー、なんかテンション上がってオチを書いてしまってすいません。あ、あと主人公たちが去っていって終わりで描かれてませんが、きっと「仲良く暮らしました、めでたしめでたし」って言うことなんだと思いますが、彼らはボスの野望がち○こだったってことは知らないままです。二人ともこんなにひどい目にあって顔も変わっちゃったし、もう散々だったんですが、その原因がち○こですからね、ち○こ。

いやーもう参った、まさか連続でち○こネタ書く羽目になるとは……

Similar Posts: