衝突直前!? 2つのブラックホール (産経新聞) – Yahoo!ニュース

衝突しそうなブラックホールが見つかったようです。

500年後にはぶつかると言うことなんですが、2.8億光年先にあるらしいのですね。光の速さで2.8億年かかるわけなので今見えているのは2.8億年前の状態だっていうのはご存じの通り。実際にはもうとっくの昔にぶつかっちゃってるはずなんですね。不思議ですね。

昔から、数学とか物理とかは拷問に近いぐらい苦手なんですが、宇宙の話とかは大好きです。本とか読んでもよくわかってないこともあるんですが、なんか説明されている状態を想像しようとすると脳みそがウニって行くわくわく感が何ともたまりませんね。

さて、2.8億年なわけですが、じゃあ今現在どうなってんのよ、とか気になったりしますね?でも、まさに今の状態ってさらに2.8億年経たないとわからないわけですよ。待ってるのも悶々するし見に行くか、ってわけにも行かないですよ。光でも2.8億年かかるわけですから人間がいけるはずもなく、そもそも光速に到達すると質量無限大になるわけですよ、死んじゃいます。そんなことなので、どうにもむずかゆいですね。ワープ技術が開発されないとダメですね。仕組みはよくわかりませんが、もしかしたら2.8億年もあったらワープ技術もできてるかもしれません。まあ、いずれにしても2.8億光年先のことは今すぐはわかりません。宇宙関連の方々はもう何億年とか何十億年昔の出来事から、今のことを研究するわけですね、壮大です。

ブラックホールもまたすごいですね。星とか周辺にある物体はともかく、光ですら吸い込んじゃうわけです。吸い込んだ先はどうなってるんだよと思いますね。しかもこれは、ブラックホールがブラックホールを吸い込もうとしたりしているわけですよ。もう中身はどうなっちゃうんだということですよ。

とりあえず500年後が楽しみです。

Similar Posts: