キーボード

2012-09-03   Computer

もう20年近く前ですね、Pentium90MHzの時代に98からいわゆるDOS/V機に乗り換えたのですが、当時Microsoftのナチュラルキーボードというキーボードの真ん中が膨らんでいて、キーが左右に分割されているというものが発売されていたので、めずらしくてそれをつかっていたのですね。
その当時は日本語配列のモデルがなく、輸入盤しかなかったと言うこともあったので、英語配列と言うことになります。ご存じの通り、日本語配列と英語配列の違いというと、キートップにカナが刻印されていない、変換とか無変換のキーがない、という以外に、記号の位置が違います。なので慣れてしまうと、どうしても日本語キーボードをつかうときに打ち間違えることになってしまいます。
当時、わざわざもう一個ナチュラルキーボードを会社用に買って使っていたり、長期の出張の際にはわざわざ抱えていったりもしていました。

そんな感じで、もう常に自分でキーボードを買うときには、かならず英語配列のキーボード、ノートPCを購入する際の条件は有償であっても英語キーボードに換装出来るもの、といったことになってしまっています。
中国の場合は、中国語配列……なんていう物があるわけではなく、英語配列のキーボードが使われていますので、基本的に違和感はないですね。

さて、前出のバイトの時はと言うと、なんかわざわざ作業用PCのキーボードがバッファロー製の日本語版。環境を日本語にあわせるための措置かもしれませんが、私にとってはちょっとめんどくさい感じになっておりました。
もうひたすら、記号を打ち間違うわけですね。
なんか今回、ファイル名などでアンダーバーを多用する傾向があったもので、そういうときは無意識にShift+-を打とうとするわけです。
大変でしたねぇ。でもしばらく使ってると慣れてくるもんで、打ち間違いもちょっとずつ少なくなるんですね。

でも、その代償として……
家に帰ってきたら、日本語キーボードの変な癖が抜けなくて困ってます。
記号が打てないんですよ。
IMEをONにするのに、右Altじゃなくて、左Alt+~を押しちゃうんですよ(これは反応してくれるので支障はないと言えばないのですが)。
中途半端な順応も考え物です。

世の中には、かな入力とローマ字入力を器用に使い分ける人や、親指キーボードまで使い分ける人なんかもいるようですが、私にはちょっと無理気味です。

ちなみに、左CtrlはAの横です。
98時代からこれだけはどうしても変えられません。
当然設定をいじってCaps Lockが左Ctrl、左CtrlがCaps Lockになってますよ。
バイトの時も、PCをつけて最初の作業がCtrlキーの設定ですから。

でも、なんでCtrlがあんな所についてるんですかね?
押しにくいですよね。Caps Lockなんてそんな頻繁に押すことないでしょうに。

Similar Posts: