ロシアは今日も荒れ模様 (講談社文庫)

ロシアは今日も荒れ模様 (講談社文庫)

今は亡き、ロシア語通訳の米原真理さんの著書です。

通訳という仕事を通じて経験した色々なことをおもしろおかしく記したエッセイ集で、これ以外にもかなりいろんなエッセイ集を出しています。

ソ連という国は私のイメージでは、まさに「ベールに包まれた」感じで非常にミステリアスな印象がありました。しかも末期状態では、貧しくて悪平等で気力がなくて、暗くて冷たくて固い感じ……だったのですが、米原さんのエッセイを読むとかなりお気楽に見えてしまうので、不思議な物です。

実際エッセイに出てくるエピソードが起こった当時は、笑ってばかりもいられなかったでしょうけど、非常に貴重な経験をしてきたのだなぁと感心させられます。

筆者のユーモアのセンスや文才もあって、単なる馬鹿エピソードで終わらない、知的な刺激がびしびし得られる一冊です。

Similar Posts: