先週、中国に出張に行ったときのこと。
瀋陽から大連に来るまで移動したのですが、ちょっとした変化に気がつきました。

以前は、瀋陽-大連間の高速道路は「沈大高速 (瀋大高速)」という名前だったのですが、「沈海高速(瀋海高速)」と名前が変わっていました。中国の高速道路も日本と同じく地名-地名の略称で通称名がついているので、「海」ってどこだ?ってことになるわけです。

中国もいろんなところがどんどん発展していることもあり、変化もかなり激しくなっています。大連市も遼東半島全体を「大連市」と称して再編され、旅順まで含めてもうどんどん開発されています。 なので、高速道路の終点が伸びてどこかにつながったのかと思って地図を調べてみるわけですが、どうも「海」がつく大きな拠点が見当たらない。
大連が大きくなったこともあり、近辺の海が渤海なので、 その辺で海とつけたのかと思ったりしたのですが、なんか他の高速道路がちゃんと都市を指しているのに、ここだけ海っていうのも変。海は他にもいっぱいあるわけですし。

で、調べてみるとすごい計画になっていることがわかりました。

「海」というのは……

そうです、海南島の「海口市」です!!

ありえねー、中国ありえねー。
もう、烟台通って、上海通って、深セン通って、広州通って、海口で、沿岸一筆書き状態で全長3,710km。
渤海については「渤海灣跨海大橋」でさくっと越える計画のようです。
まあ、部分部分は開通しているところが多いので、沿岸主要都市をつないでいく課程で順次出来ていくと思われますが、渤海のところはどうなんでしょうか。

一応、中国のWikipediaに書いてあった情報を貼っておきます。
沈海高速公路 – 维基百科,自由的百科全书

Similar Posts: