Mission

Shift2でHONDA S2000をどこまで走らせることができるのかチャレンジせよ。

Shift2-s2000

要するに、ノーマルのS2000ですべてのコースをどんどん走って、オドメーターがどこまで伸びるか見てみようと言うこと。基本条件は第1回参照。

今回のコース

Dakota Tri-Oval

  • Dakota Club
    • 2.51km
    • アメリカ
    • (架空)

ちょっと角張ってるところがありますが、初めてのオーバルコースです。ここは、コーナーのクリアとかないんですね。ポイントも何もないです。ここもローリングスタートです。

記録

  1. 10Laps, 00:43.623
    2013-03-01_00008
  2. 20Laps, 00:43.247
    2013-03-01_00009
    2013-03-01_00010
  3. 20Laps, 00:43.448
    2013-03-01_00011
    2013-03-01_00012

結果

2013-03-01_00014

  • Odd meter:3305.5m
  • Laps:50
  • Best Lap Time:00:43.247

20周で走ってみました。もうちょっとの操作の違いで全然タイムが変わります。長い高速コーナーでは、タイヤの限界が手にぐぐーっと伝わってきて、ぷっと滑る境目がわかって面白いですね。
最後のセットは敵車5台入れたんですが、何か他のコースだと全然相手をしてもらえないんですが、ここだとぶっちぎれました。5台中4台がランチャデルタで、1台がS2000だったんですが、ランチャデルタは2周遅れ、S2000には20秒ぐらい差がついてました。

Mission

Shift2でHONDA S2000をどこまで走らせることができるのかチャレンジせよ。

Shift2-s2000

要するに、ノーマルのS2000ですべてのコースをどんどん走って、オドメーターがどこまで伸びるか見てみようと言うこと。基本条件は第1回参照。

今回のコース

Dakota GP

  • Dakota GP
    • 2.28km
    • アメリカ
    • (架空)

オーバルがかなり組み込まれているレイアウトです。このコース、ローリングスタートで始まります。アメリカンな感じですね。
ストレートから1コーナー目と来てバンクから降りるところは、平地に降りた瞬間ケツがどっかに行ってしまうことがあるのでスピードほどほどに。第2,第3は思い切って最短距離、第4はその後が結構スピードが乗せられるので、無理に突っ込まないで脱出のスムーズさを重視した方がいいです。最後ヘアピン的なところは、出口の外側にちょっとだけある芝生に罠があります。脱出でスピードを乗せすぎてその芝生を踏むとショートカット扱いでペナルティもらいますので注意。

記録

  1. 5Laps, 01:00.100
    2013-03-01_00001
  2. 5Laps, 00:58.709
    2013-03-01_00002
  3. 10Laps, 00:58.575
    2013-03-01_00003
  4. 10Laps, 00:58.975
    2013-03-01_00004
  5. 10Laps, 00:58.939
    2013-03-01_00005

結果

2013-03-01_00006

  • Odd meter:3,177.6m
  • Laps:50
  • Best Lap Time:00:58.575

2セットだけ敵車5台とレースしましたが、一応、コースの裏側後半は明らかにこちらの方が速く、頑張ればヘアピンの立ち上がりで捕まえられるんですが、そこまで持って行くのに時間がかかりすぎるしミスるともう遙か彼方に行ってしまいます。大変です。

Mission

Shift2でHONDA S2000をどこまで走らせることができるのかチャレンジせよ。

Shift2-s2000

要するに、ノーマルのS2000ですべてのコースをどんどん走って、オドメーターがどこまで伸びるか見てみようと言うこと。基本条件は第1回参照。

今回のコース

Dakota National

  • Dakota National
    • 1.70km
    • アメリカ
    • (架空)

ここの特徴は、ストレートがオーバルコースの一部になってるところですかね。
スタートしてからコースがうねうねしていますが、結構直線的に走れます。が、3コーナー目が結構きついので、あまり調子に乗って突っ込むとスピン、もしくは体勢を崩して4コーナー目がぐだぐだになります。ストレートに入る前のヘアピンは正直どう出て行けばいいのかわかりません。
パワーのない車ですので、無理にバンクを登らずに内側の平坦なところを走っても良い気がします。その次の、ストレートを抜けるコーナーもアウトによっていなくてもクリアできますし。
最後のコーナーはアウト寄りに入っていって、最後の最後でインに突っ込むようにしないとコースアウトします。

記録

  1. 10Laps, 00:53.358
    2013-02-27_00007
  2. 10Laps, 00:51.718
    2013-02-27_00008
  3. 10Laps, 00:51.586
    2013-02-27_00009
  4. 10Laps, 00:51.161
    2013-02-27_00010
  5. 10Laps, 00:51.175
    2013-02-27_00011

結果

2013-02-27_00013

  • Odd meter:3,060.1m
  • Laps:50
  • Best Lap Time:00:51.161

3,000kmを突破しました。
ここは、バンクのあるストレートにどうやってはいるのがいいのか結局わかりませんでした。ヘアピンの立ち上がりですので全然スピードが乗らないし、無理にアクセルを開けて登ろうとするとすぐスピンします。なので、バンクはないものとしてヘアピンをゴリッとクリアして平地を直線と見立てて走るというのを半分ぐらいやってました。同性能の敵車と走ってみたら良かったかもしれませんね。

Mission

Shift2でHONDA S2000をどこまで走らせることができるのかチャレンジせよ。

Shift2-s2000

要するに、ノーマルのS2000ですべてのコースをどんどん走って、オドメーターがどこまで伸びるか見てみようと言うこと。基本条件は第1回参照。

今回のコース

Dakota Club

  • Dakota Club
    • 1.60km
    • アメリカ
    • (架空)

1コーナー目はかなり高速で突っ込めるので思い切って2コーナー目の入り口まで頑張る。2コーナー目は意外ときついので注意。そこから4コーナー目まではできるだけ最短距離を全力で。4コーナー目はちょっと手前でブレーキングしてできるだけインにくっついた状態にしておき、最終コーナーにズバッと入れるように準備しておく必要がある。最終コーナーは最初の方はアウトにいてだんだんインに突っ込んでいく感じでストレートに飛び出す。

短いしリズムがいい感じなので、気持ちよく走れます。

記録

  1. 5Laps, 00:50.009
    2013-02-26_00008
  2. 5Laps, 00:47.837
    2013-02-26_00009
  3. 10Laps, 00:47.171
    2013-02-27_00001
  4. 10Laps, 00:47.143
    2013-02-27_00002
  5. 10Laps, 00:46.907
    2013-02-27_00003
  6. 10Laps, 00:46.903
    2013-02-27_00004

結果

2013-02-27_00006

  • Odd meter:2975.8m
  • Laps:50
  • Best Lap Time:00:46.903

なんか、スパの後だとあっという間に50周終わりました。何かちょっともの足りません。

Mission

Shift2でHONDA S2000をどこまで走らせることができるのかチャレンジせよ。

Shift2-s2000

要するに、ノーマルのS2000ですべてのコースをどんどん走って、オドメーターがどこまで伸びるか見てみようと言うこと。基本条件は第1回参照。

今回のコース

Circuit de Spa Francorchamps GP

このコースは長いですけど、なかなか燃えます。
スパ名物のオールージュは、登りはじめの右に切るあたりで一発ブレーキを入れておかないと、登り切った後の左でグリップがなくなります。長い直線の後のS字は、あまり頑張りすぎるとその次のコーナーにスムーズに突っ込めないので慎重に。ヘアピンを抜けて下りながらのきつい左コーナーは思い切って内側の縁石をまたぐ。その次の大きな左はアウト側がアスファルトの広いエスケープゾーンなので、限界ギリギリのスピードでチャレンジして多少はみ出ても大丈夫。その後のコーナーはオーバースピードにならないよう落ち着いて曲がっていく。そのあと緩やかに蛇行しながら登った後の左コーナーもアウト側がアスファルトなので、思い切ってスピードを落とさずインに切り込んでも大丈夫。シケインはかなりきついので、めいっぱい減速が必要。最後のヘアピン出口はアウトに膨らまないように。

今回は最後の3セットだけ、敵車5台とレースしています。

記録

  1. 5Laps, 03.05.371
    2013-02-24_00008
  2. 5Laps, 03:04.899
    2013-02-24_00009
  3. 5Laps, 03:04.203
    2013-02-24_00010
  4. 5Laps, 03:03.855
    2013-02-24_00011
  5. 5Laps, 03:03.736
    2013-02-25_00001
  6. 5Laps, 03:02.419
    2013-02-26_00001
  7. 5Laps, 03:02.935
    2013-02-26_00002
  8. 5Laps, 03:04.904
    2013-02-26_00003
  9. 5Laps, 03:04.301
    2013-02-26_00004
  10. 5Laps, 03:01.883
    2013-02-26_00005

結果

2013-02-26_00007

  • Odd meter:2895.1m
  • Laps:50
  • Best Lap Time:03:01.883

ここはテンション上がりますね。7セットまで単独で、残り3セット15周分も単独でも全然大丈夫なモチベーションだったんですが、ちょっと敵車がどういう風に走るのか気になったのでレースしてみたら、もうなんか全然歯が立ちません。こっちが苦労してテールスライドしながら耐えてるようなコーナーでも、みんなさくっと内側走っていきますので。でも、最後のセットは結果は5位だったんですが、途中まで2位をキープしてアドレナリン全開でベストラップが出ました。シケインの立ち上がりでケツが振れてしまったのですが、これがなければ2位でフィニッシュできたなぁ……

« Prev Next »