Nokia Lumia 930の発表を見て、Windows Phoneについて調べていたらなんか急に欲しくなり、夏まで930をまとうかと思ったんですが、我慢できなくなり925を買いました。
1,999元でした。

しばらくずっと、日本で買ったXperia Rayを持ってきて使っていたんですが、結局こっちでは電話機としての役目がほぼなく、小型インターネット端末としてしか使っていなかった割には、画面が小さくて、若干老眼気味になってきていることもあり、もうちょっと画面が大きいのが欲しかったのです。
Xperia Z2が発表されてから、発売されたら買おうかと思っていたんですが、これもなんだかんだで延期になったりとか、5,000元オーバーというお値段はどんなものかとか考えていたので、うまい具合にさらわれた感じです。
作業PCをWindows8.1にしたというのも要因の一つかもしれません。

とりあえずしばらく使ってみましたが、機械の質感もいいですし、さくさくぬるぬる動きますし、タイルメニューもきれいですし、いい買い物だったんじゃないかと思います。

ちょっと困ったのは、Windows Phoneだとgmailの同期が一定時間ごとになり、リアルタイムに通知してくれなくなったことですが、これについては、Outlook.com経由でgmailを使うことで解決しました。

あと絶賛困り中なのは、標準のメーラーだと送信メールがHTML形式になっている上に、変更することができないこと……先日母親が、小さい字が見えないのでXperia Z Ultraにしたのですが、結局HTML形式でちっちゃい文字のメールが行くと、画面と文字をでかくしてても字が小さいままで、一行メールを送ったら「何も書いてないかと思った」と言われて気がつきました。
解決手段はまだありません。メールはできるだけPCから送るようにしています。

他に困ったことはないんですが、元々携帯であれこれやらないので気がついてないだけかもしれません。

Windows Phone 8.1のDevelopers Previewも入れました。

 

wp_ss_20140520_0001

 

1,847円/年で開発者登録もしたので、Windows Phoneの開発がどういうものかも体験してみるつもりです。ちょこっとのぞいてみた感じは、結局WPFアプリケーションなんですかね。あのXAMLってやつがどうも取っつきづらくて遠慮していたんですが、食わず嫌いしているわけにも行かなさそうです。

 

ServUO

2014-03-07   Game, UltimeOnline

ServUOというのは、UltimaOnlineのサーバーエミュレータです。

メジャーなエミュレータとしてRunUOというものがあってそこから派生したものです。RunUOとの違いとしては、ServUOは現在の本家の仕様を積極的に取り込んでいるというところでしょうか。
主催者のリアルが忙しくなってしばらく止まっていたみたいですが、最近また活発になってきたようで、コードの修正が頻繁に行われるようになってきました。サイトが英語なのでついて行けないところがほとんどなんですが、なによりC#で書かれたソースがあるので、とりあえずコードが読めれば何とか分かるかなという感じです。

とりあえず今はちょっと動かしてみたり、コードを読んでみたり、誰かが作った追加のコードを取り込んでみたりと、半分はプログラマ的な遊び方ですが触ってみているところです。

で、なんで本家で遊んでいるのにエミュなんだというところですが、やっぱり今居住している国の回線事情もあってか、異常にラグったり接続できなくなるようなこともあるので、UOりたいけどできない……そういうときの遊びです。
あとは、まだ本家ではいけないボス沸きなんかがどういうものなのかをServUOの方で体験してみたりとか、アビスがどんなところなのか行ってみたりとか(今はもう本家でも行けるようになりましたけど)、そういう使い方をしています。

でもね……

なんか本家でやっていても一人用状態みたいなので、エミュでやっても大してかわらんのじゃないかと思うこともありますよ、時々。

何年かぶりにまたUltimaOnlineをやっていたりします。

確か前に一度復帰したのは2009年だったような気がしますが、そのときから比べてもまた変化が大きくてなかなか状況を把握するのが大変でしたが、今は何とか色んなことができるようになってきました。最初始めたときからずっと、基本的には生産とか生活面中心で戦闘とか狩りは気晴らし程度、というプレイスタイルで、別に戦わなくても十分やりたいことはできたんですが、今の状況はちゃんと狩りができる体制じゃないと遊べなくなっています。

というのも、アイテムを作成するためには特定のモンスターが時々持っている素材が必要、という要素が結構増えたんですよね。また、各スキルも「パワースクロール」というやつで上限の100を越えることができるようになり、そのスクロールを手に入れるには、ボス沸きと呼ばれる猛烈な勢いで沸くモンスターを倒し続けてさらに強力なボスを倒さないといけないというのをこなさないといけないんですね。生半可なキャラではちょっと無理な感じです。
もちろんPCベンダーなんかを探せば売っていることもあるんですが、人気のあるスキルのスクロールは高いですし、なにより今いるシャードは過疎化がすごくて売っているところなんかないわけです(ベンダーサーチが早く使えるようになるといいんですが)。

過疎化の度合いはというとこれまで3ヶ月弱やってますが、プレイヤーの姿を見たのはまだ10人程度です。

まあ、昔から自給自足を旨とするプレイだったので、なんとか少しずつ開拓するところに逆にやりがいを感じちゃってるわけですが、何しろ先は遠いですよ。

 

なんかすごい今更なんですが……

gimpsingle

シングルウインドウモードなんてあるじゃない。
前の記録見ると、1年以上前に2.8にバージョンアップしてそれ以降普通に使っていて全く気がついてなかった。

しょっちゅう間違って、ツール関連のダイアログを消してしまってイライラしてたんだけど、これだったら間違って消さないじゃない?
複数の画像がタブで表示されてるので、なんだかどの画像がどこにあるのか探すのがわかりやすくない?
画像のウインドウが別のウインドウに隠れてしまっているときに前に持って来たくてツールボックスをクリックしても最前面に来なくてムキッってならなくてよいじゃない?

なんかもう、研鑽を怠るとろくなことがないですね。

 

 

ここしばらく、大連と瀋陽を行ったり来たりしていますが、高铁(新幹線)が非常に便利です。

早い便だと大連北駅と瀋陽北駅を1時間半で走ります。
他の便でも大体2時間ぐらいで走ってくれますので、昔の火车やバスと比べたら相当便利になってます。
値段も175.5元(でも町中の切符売り場だと5元の手数料プラスで180.5元)ですのでまあまあです。

ただ、東北地方の冬は厳しいこともあって、12/1からは全体的にダイヤが間引かれるのと速度も落とされます。
大体2.5時間ぐらいになります。

高铁は、便名がGで始まるものと、Dで始まるものがあり、前者がのぞみてきなあれ、後者がひかりてきなあれです。
冬期はG系列がなくなってしまって、Dの一部も間引かれているようです。
その結果、今までよく乗っていた便利な便がこぞってなくなってしまって、若干不便になっちゃいましたねー……

大連北→瀋陽北は、8:30発11:00着という、子供を送り出してから駅に向かえるG65というベストなやつ(しかも大連瀋陽間はノンストップ)があったんですが、冬期は走ってくれず、その前の7:33発、7:40発か、あとだと9:51発、12:35発とかすごい間隔が開いてしまいます。
瀋陽北→大連北は、夕方ぎりぎりまで仕事をして帰れるD8020(17:53発19:41着)という便利なのがあったんですが、これもなくなっちゃってて、16:55発19:24着と18:08発20:31着という微妙に使いづらい時間帯になってしまっています。

ただし、不便になった分料金が180.5元から123.5元(手数料込み)とさらにお求めやすい価格となっております。

まあ以前の、ひまわり、トランプ、カップ麺、そこ俺の席なんだけど、というあのカオスな状態もないですし(嫌いじゃないですけどね)、それでもまだ早く移動できるのでありがたいですね。

« Prev